About / 事務所概要

IP Valuation (アイピー・バリュエーション)特許事務所は、特許権、商標権、著作権といった知的財産の価値評価業務を専門に取り扱う特許事務所です。

企業経営における知的財産の重要性は日に日に高まってきています。知的財産の獲得を目的とするM&Aのほか、グループ会社間の知的財産移転およびライセンス契約、国境をまたぐ知的財産の移転など、知的財産の価値評価が必要となる場面が増加しています。

"IP Valuation"では、企業価値評価業務における豊富な知識および経験を活用することにより、財務・会計面をも考慮した価値評価業務の提供が可能です。

Koichiro Matsumoto / 松本 浩一郎


大手保険会社において、経理・財務部門に所属し企業会計・税務・資産運用業務に従事。

その後、監査法人系コンサルティング会社に移籍し、保険数理サービス部門、事業再生サービス部門を経て2005年より価値評価サービス部門に所属。
価値評価サービス部門においては、M&A取引における企業価値評価および株式価値評価を担当し、製造業、金融業、運輸業、通信サービス業、建設業、小売業といった非常に幅広い業種を対象に多数の価値評価業務を経験。

東京大学工学部計数工学科卒業。弁理士(登録番号14198号)。日本証券アナリスト協会検定会員。平成18年度から平成23年度まで日本弁理士会知的財産価値評価推進センター運営委員。平成24年度から 同会知財流通・流動化検討委員会委員。平成30年度から同会知財経営センター企画統合事業本部担当副センター長(知的資産活用企画部)。 

Taizo Nishimoto / 西本 泰造


大手保険会社において、国際投資部、海外経理部等に所属し国際金融、国際投資および海外子会社管理等の業務に従事。また(財)国際金融情報センター(JCIF)への出向経験も有する。

同社を退職後、”情にゃ弱いが外人には強い”をモットーに知的財産と国際ファイナンスの融合を目指す。中国、インド、マレーシア、タイ、ベトナムなどアジア各国に多数のネットワークを持つ。


神戸大学経営学部経営学科卒業。弁理士(登録番号15662号)。米国公認会計士(USCPA)試験合格。TOEIC 945点。日本弁理士会知的財産価値評価推進センター運営委員。同会知財流通・流動化検討委員会委員。

© Copyright 2014  IP Valuation Patent Office